Nail&nailネイルネイル

HOMEネイル豆知識
つけ爪つけ方爪先基本形ネイルアート種類爪の病気

爪先(フリーエッジ)の基本形の種類と特徴

それぞれ好みの形があると思いますが、形や種類とそれぞれの特徴などをご紹介!
フリーエッジとは伸ばした爪の部分(皮膚から離れた乳白色の部分)です。自爪やつけ爪のチップ先のこの部分を好きな形に整えてネイルを楽しむことができます。

爪先(フリーエッジ)の形

基本形は5種類(下図表参考)
ポイント オーバル ラウンド スクエア・オフ スクエア
衝撃に弱い形 衝撃に強い形
形を整える際はネイルファイルを使用し、粗目のファイルで少しずつ削って形をつくり→細か目のファイルで整えて仕上げます。(自爪の場合は、ファイルを必ず一定方向へ動かして削るようにしてください)

爪先(フリーエッジ)の特徴

ポイント先端・側面がシャープな形
 指が細く長く見える
 ×衝撃に弱く、欠けやすい

オーバル爪先を卵型にした形
 エレガントに見える
 ×衝撃に弱い
ラウンド側面はストレート、先端はカーブで角がない形
 衝撃に強い

スクエア・オフ先端・側面ともストレートで角に丸みをつけた形
 衝撃に強い

スクエア先端・側面ともストレートで角がある形
 衝撃に強い
 ×角がひっかかりやすい

ポイントやオーバル

女性らしさを引き立ててくれる形で、指先をスラッと長くキレイに見せてくれる視覚効果もあります。

point!
衝撃に弱く欠けやすい形!
自爪をこの形に整える場合には、爪が薄く二枚爪になりやすい、爪が折れやすいなど爪が弱いと感じる方はこれらの形は避けた方が良いかもしれません。
また爪の先端が鋭いので皮膚や物などに傷を付けてしまう恐れもあるので気をつけるようにしてください。


ラウンド、スクエア・オフ、スクエア

爪が弱く伸ばすのを諦めていた人でも比較的キレイに伸ばしやすい形かと思います。

point!
衝撃に強い形!
ですが爪の角が衣服や物などにが引っかかりやすいので注意するようにしてください。
(誤って皮膚を引っ掻いてしまわないように・・・)


「足の爪」に最適な形は?

巻き爪でお悩みの方は爪の角は切ってはダメ!と聞いたことがあるかと思いますが、
足の爪は負担がかかりやすく、深爪をしてしまったり角を丸くしてしまうと巻き爪になりやすいのでスクエアの形が最適とされています。



自爪をまっすぐに伸ばしたい!!
10本の指の爪がまっすぐに伸びるとは限りません。中にはどうしても曲がって伸びてくる爪もあるかと思います。
定期的に整えることで多少なりと矯正される場合もありますが・・・
(爪トラブル等による場合も考えられますので、専門医に診てもらい判断して下さい。)

爪が伸びるクセによる場合に利用するのが目の錯覚!!
整える際に錯覚を利用して整えることによって見た目をまっすぐな爪に見せる!というものです。

例えば、爪の根元部分に合わせて平行に爪先を整えるところを、爪先の左右の高さをや角度を変えてあげることで、
他の爪と同じに見え、結果まっすぐに見えたりします。パチパチ

爪の特徴を見て、どこをどう削ればまっすぐに見えるか試しながら整えてみてください。又、つけ爪も同様の方法で整えることで、ある程度の効果をみることができます。
爪の伸び方・特徴に合わせて爪先の形を決めるのも良いかもしれません。

※削り過ぎは爪トラブルの原因にもなりますので十分にご注意を!
無理せずネイルサロンなどで気になる所を伝えてケアを行ってもらうようにして下さい。

«BACKHOME
inserted by FC2 system